川原寺 幻桜の夜 genounoyo

光の桜が舞い降りる一期一会花見の宴。
桜のデジタルアートに彩られる川原寺をお楽しみください。
川原寺外観にはプロジェクションマッピングが施され、
デジタルアートによる1本桜も皆様をお迎えします。
また境内、北側の山肌から大量に出土し、中金堂の
壁一面を埋め尽くしたとも言われている三尊塼仏が、
春の煌めきを纏い本堂外壁に美しく再現されます。
普段写経場として使われる空間は喫茶室となり
室内は桜デジタルアートの世界へと姿を変えます。
限定メニュー「幻桜茶」を味わいながら非日常空間を満喫下さい。
初めて体感する新しい形のお花見がここにあります。

幻桜★R2★ ←詳細はこちら

去る2020年1月12日、川原寺現地講座が開催されました。

お陰様をもちまして想定をはるかに超える満席状態で、当房写経場にて立ち見席になるといった程のお客様に足を運んで頂きました。

講師に東京学芸大学名誉教授、奈良国立文化財研究所名誉研究員、明日香村文化財課顧問の木下正史先生をお迎えし、川原寺跡の現地視察の後、写経場にて川原寺の境内から出土した様々な発掘調査資料を手掛かりに、知られざる川原寺の謎を読み解いていくという、ワクワクする講演となりました。

受講されたお客様は椅子席なのにも関わらず膝の上で熱心にメモをとり資料を見ては大きく頷いたり感銘を受けたり時には驚いたりとしておおいに盛り上がりました。

木下先生も皆様の高揚ぶりに押されたのか、予定の時刻を過ぎそうになって説明を駆け足する一幕も。

木下先生には本当に感謝申し上げます。

また、この講演会をするにあたり、犬養万葉記念館の岡本館長をはじめ、その従業員の皆様に、大変お世話になりました。心から感謝致します。

当日は少々くもり空で、川原寺の遺構の魅力をあまり実感して頂けませんでしたが、お天気の良い日にはまた違った景色が見られます。川原寺の知られざる歴史の魅力を青空のもとで体感していただきたいと思います。

是非、またお越しください。

ありがとうございました。

 

2020年初日の出

本年も宜しくお願い致します。

1300年前の礎石に降りる。