川原寺 -真言宗豊山派 仏陀山 弘福寺-

想像する楽しみと

無心になれる愉しみ

あなたはどちらをたのしみますか?

日本の黎明期はじまりに思いを馳せ、平安の祈りを現代いまに伝える。

飛鳥に触れ、飛鳥を感じ、明日香で飛鳥を味わう場。

幾多のエピソードを併せ持つ、想像と体験が創り出す小さな大寺

仏陀山 川原寺/弘福寺

川原寺 -真言宗豊山派 仏陀山 弘福寺-

想像する楽しみと

無心になれる愉しみ

あなたはどちらをたのしみますか?

日本の黎明期はじまりに思いを馳せ、平安の祈りを現代いまに伝える。

飛鳥に触れ、飛鳥を感じ、明日香で飛鳥を味わう場。

幾多のエピソードを併せ持つ、想像と体験が創り出す小さな大寺

仏陀山 川原寺/弘福寺

時代は飛鳥時代

突然日本書紀に現れた川原寺

飛鳥四大寺に数えられる大きなお寺

東西の長さは150m以上(今までの発掘調査でわかっている限り)南北に330mというとてつもなく広い敷地の中に、東塔ひとつとふたつの金堂、境内側に扉を持たずに解放された僧房が北東西の三方から囲むという、一塔二金堂式(川原寺式とも称される非常に珍しい)伽藍を持つお寺。

天武天皇の時代は国の行事に重宝されたのに、なぜかその後歴史の舞台から姿を消してしまう。

日本書紀などの歴史書や風土記への記載が非常に少ない川原寺は、数々の謎を残したまま、今、弘法大師ゆかりの寺、弘福寺として、川原寺の法灯を引き継ぎながら、その広大な伽藍のイメージを伝え、希少な価値を肌で感じる遺構を伝え、1400年にわたる庶民の信仰を伝え、日本の原風景のひとつである飛鳥の風を伝えるために、明日香の地に、ひっそりと、静かに、そしてワクワクしながら、あなたに会えるのを待っています。

時代は飛鳥時代

突然日本書紀に現れた川原寺

飛鳥四大寺に数えられる大きなお寺

東西の長さは150m以上(今までの発掘調査でわかっている限り)南北に330mというとてつもなく広い敷地の中に、東塔ひとつとふたつの金堂、境内側に扉を持たずに解放された僧房が北東西の三方から囲むという、一塔二金堂式(川原寺式とも称される非常に珍しい)伽藍を持つお寺。

天武天皇の時代は国の行事に重宝されたのに、なぜかその後歴史の舞台から姿を消してしまう。

日本書紀などの歴史書や風土記への記載が非常に少ない川原寺は、数々の謎を残したまま、今、弘法大師ゆかりの寺、弘福寺として、川原寺の法灯を引き継ぎながら、その広大な伽藍のイメージを伝え、希少な価値を肌で感じる遺構を伝え、1400年にわたる庶民の信仰を伝え、日本の原風景のひとつである飛鳥の風を伝えるために、明日香の地に、ひっそりと、静かに、そしてワクワクしながら、あなたに会えるのを待っています。

あなたはどの 川原寺/弘福寺 に出会いたいですか?

一、川原寺の謎

二、飛鳥時代の日本黎明期の舞台(ステージ)

三、日本の原風景、明日香の風

四、平安初期から庶民を見守り続けた仏様

五、日本で初めて写経が行われたその場所で、写経体験 無の境地

あなたはどの 川原寺/弘福寺 に出会いたいですか?

一、川原寺の謎

二、飛鳥時代の日本黎明期の舞台(ステージ)

三、日本の原風景、明日香の風

四、平安初期から庶民を見守り続けた仏様

五、日本で初めて写経が行われたその場所で、写経体験 無の境地

Copyright © 2019 Kawaharadera/Gufukuji All Right Reserved.